v1.1

世界の有用木材950種から英名で検索の結果

4235 393
7 クスノキ科(Lauraceae)
Eusideroxylon属
 
英名・商業名 Ulin
学名 Eusideroxylon zwageri
和名・商業名
別名、現地名 代表和名「ビリアン」、代表英名「Belian」。ウリン、スワンプガム、タンブリアン(Tambulian)、ベリアン、ボルネオ鉄木(カリマンタン

Iron-wood)、マラガンガイ、レモンユーカリ、Belian(マレーシア)、iron wood、Kayu

tana、Onglen(インドネシア)、Polisthout(スリナム)、Tambulian(フィリピン)、Ulin、
主たる分布 フィリッピン、インドネシア、マレーシア(この地区を材質表に掲載 )
樹種解説 中型の木で、樹高30m、樹周1.8m。大きな木は時々樹周3.7mを越え、良形の無枝の幹と重い樹冠をもつ。幹の根元は根張りはない

が、時々縦溝がある。皮は通常赤色で、ほとんど平滑であるが変化があり、時々様々な褐色をなし、縦に割れ非常に薄い層になっ

て剥落する。カリマンタンで重要なる用材となる木である。かなり豊富で、海抜500フィートまで生育していて、しばしば群生している

。辺材はやや帯黄色で、外気にさらせば暗色に変り、新材の時は心材とは明らかに異る。心材は黄褐色から赤褐色まであり、時々

淡い帯緑色を伴い、外気にさらせば濃または非常に濃褐色に変る。木理通直からわずかに組み合い、肌理適度に細かくて均一。

材は乾燥が遅く、曲りや干割れを生ずる。非常に強い木材で屋外で非常に耐久力がある。経済ベースで考えると、木材の中で最も

耐久性があると考えられる。また白蟻および海中木食虫に、非常に抵抗力がある。加工は困難である。注意してやれば、平滑面に

仕上げることができる。切断木口面は光沢がある。生長輪は普通明らかでない。用途は屋根板、重構造用材、波止場材、橋梁材、

海水用杭電柱類、ボート樽類、割り箸など。


1.比重 10

2.1%当り収縮率 接線方向 7

半径方向 7

3.全収縮率    接線方向 6

半径方向 6

4.曲げヤング係 9+

5.縦圧縮強さ    10+

6.縦引張り強さ   10+

7.曲げ強さ    10+

8.せん断強さ    10

+

レッドリスト取扱 IUCNレッドリスト1994年版 Ver.

2.3版には、絶滅危惧II類、Vulnerable(VU)と指定されている。基準は(A1cd+2cd)となっている。
基準解説    ・生息地の面積、分布域の大きさ、あるいは生息地の質の減少で、過去10年間、若しくは3世代のうち、どちらか長い方の期間で、少なくとも20%の

縮小が観察、推定、推論され、あるいは疑われる。

・実際のあるいは潜在的な捕獲のレベルで、過去10年間、若しくは3世代のうち、どちらか長い方の期間で、少なくとも20%の縮小が観察、推定、

推論され、あるいは疑われる。

・生息地の面積、分布域の大きさ、あるいは生息地の質の減少で、次の10年間若しくは3世代、どちらか長い方の期間に、少なくとも20%の縮小が

予測あるいは想定される

・実際のあるいは潜在的な捕獲のレベルで、次の10年間若しくは3世代、どちらか長い方の期間に、少なくとも20%の縮小が予測あるいは想定さ

れる
ワシントン条約
参照・参考先 世界の木材900種(1975)、南洋材の知識(1968)、IUCNレッドリスト(国際自然保護連合1994,2000.)
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後