世界の有用木材7800種は「木の情報発信基地」内に移転しました。コチラです

世界の有用木材950種から英名で検索の結果

4239 849
8 アオイ科(Malvaceae)
サキシマハマボウ属
 
英名・商業名 Umbrella Tree
学名 Thespesia populnea
和名・商業名
別名、現地名 代表和名「サキシマハマボウ」、代表英名「Portia

Tree」。パシフィックメキシコローズウッド、ポルチアメキシコトリー、ローレル(ビルマ)、Banalo、Baru Laut、Encens Rouge、Indian

Tulip Tree、Limba clair or Light Limba、Northern Cottonwood、Pacific Rose-wood、Portia Tree、Tulip Tree、Umbrella Tree、
主たる分布 フィリッピン、インドネシア、マレーシア
樹種解説 樹高5〜15m。インド洋から太平洋諸島の海岸地域に広く分布。和名は沖縄県の先島諸島に多く、オオハマボウに似ることによる。

樹皮からは繊維がとれ、材は強靱で、ボート、建築材、器具材として利用される。また若芽や花は野菜としても利用される。熱帯地域

では街路樹や庇陰樹に。


1.比重 8+

2.1%当り収縮率 接線方向 5

半径方向 5

3.全収縮率    接線方向 4

半径方向 4

4.曲げヤング係 7+

5.縦圧縮強さ    8+

6.縦引張り強さ        --情報なし--

7.曲げ強さ    8+

8.せん断強さ         --情報なし--

レッドリスト取扱
基準解説   
ワシントン条約
参照・参考先 世界の木材900種(1975)、Plants of Tropical North Queensland(2006)、南洋材の知識(1968)
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後