世界の有用木材7800種は「木の情報発信基地」内に移転しました。コチラです

世界の有用木材950種から英名で検索の結果

4242 082
6 クワ科 (Moraceae)
ウパス属
 
英名・商業名 Upas
学名 Antiaris toxicaria
和名・商業名
別名、現地名 代表和名「アンチアリス」、代表英名「Antiaris」。ウパス、クラバック,Krabak,Pik(タイ)、ダリト、パサス、パシフィックコーストオルダー、

パリウ、Dalit、Paliuh、Pasas、Sanai,malai(サバ,サラワク)、Sua,Mo Cua(ベトナム)、Upas、
主たる分布 インドシナ地域、フィリッピン、インドネシア、マレーシア、ニューギニア(この地区を材質表に掲載 )
樹種解説 常緑樹。大きな木は樹高46mに達し、円錐形の樹冠。幹には板根ができる。この木は一般的な木でなく、まれに用材に伐採される。

この木は毒汁を持つので有名な木で、インド北部、ボルネオの部族ではそれを他の剤と交ぜ合わせて吹矢に使われる。樹皮は黄

色から灰白色、平滑で皮目がある。材は白色で柔かく、木目が一様である。気乾材1立方メートルの重量は約384kg。商業的には重

要でなく、この材はまれに使用されるに適ぎない。


1.比重 5+

2.1%当り収縮率 接線方向      --情報なし--

半径方向      --情報なし--

3.全収縮率    接線方向      --情報なし--

半径方向      --情報なし--

4.曲げヤング係 5+

5.縦圧縮強さ    6

6.縦引張り強さ        --情報なし--

7.曲げ強さ    5

8.せん断強さ    4

レッドリスト取扱
基準解説   
ワシントン条約
参照・参考先 世界の木材900種(1975)、Eyewitness Companion Trees(2007)、南洋材の知識(1968)
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後