v1.1

世界の有用木材950種から英名で検索の結果

4258 546
13 オトギリソウ科(Guttiferae)
メスア属
 
英名・商業名 Vap
学名 Mesua ferrea
和名・商業名
別名、現地名 代表和名「セイロン鉄木」、代表英名「Mesua」。セイロンテツボク、セイロン鉄木、テツザイノキ、ブルネイ)、マチャン(マラヤ、Bun-

naak(タイ)、Ceylon Ironwood、Ceylon Ironwood Tree、Indian Lilac、Indian rose

chestnut、Ironwood、Keshara,Nagakesara,Nagapushpa(インド)、Nagasari(インドネシア)、Penaga、Penaga lilin(マレーシア)、Red

Sentol、Vap(ベトナム)、
主たる分布 インド、インドシナ地域、インドネシア、マレーシア(この地区を材質表に掲載 )
樹種解説 常緑の高木で、樹高は20mに達する。インドからマレー半島、東南アジアに分布し、ジャワでは栽培され、また、野生化もしてる。材

はきわめて重硬(気乾比重約1.1)なためテツボク(鉄木)の名がつけられた。また、インドでは神聖な木として寺院の境内に植えられ

る。また、径10cmほどの大型の白花が美しいので、並木や公園樹として利用される。花や蕾を入れた枕が新婚初夜に使われるの

は、インドだけでなくヒンドゥー教の影響を受けたマレーシア地域にみられる風習である。果実は食用にされる。花をインドネシア(ジ

ャワ)でSari

Kurungと称し、健胃、吐剤とする。鎮静作用があり、またスピリチュアルの特性がある香り。玉蘭の香りに似ている。材は土木用・建

築用に、果実は食用。瞑想のためのインセンスの香りに使用される。


1.比重 9+

2.1%当り収縮率 接線方向 6

半径方向 6

3.全収縮率    接線方向 8

半径方向 8

4.曲げヤング係 10

5.縦圧縮強さ    10+

6.縦引張り強さ        --情報なし--

7.曲げ強さ    10+

8.せん断強さ    10

+

レッドリスト取扱
基準解説   
ワシントン条約
参照・参考先 世界の木材900種(1975)、What's That Tree(2000)、
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後