v1.1

世界の有用木材950種から英名で検索の結果

4262 014
4 マツ科(Pinaceae)
モミ属 針葉樹
 
英名・商業名 Veitch fir
学名 Abies veitchii
和名・商業名
別名、現地名 代表和名「シラベ」、代表英名「Veitch's Silver fir」。アカトドマツ、シラビソ、セイヨウカジカエデ、Pikhta(ロシア)、Todofir、Veitch

fir、Veitch's fir、
主たる分布 日本 本州、四国
樹種解説 常緑樹で、樹高は30m 胸高直径80cm。、樹形は広円錐形になる。

直幹性の常緑大高木。枝は細く多数つき、短かい。樹皮は帯褐灰色で平滑だが、多数の樹脂溜がある。葉は、細長い線形、先端

は、円形または微凹形、葉裏には2列の気孔条があり、白い。本州の亜高山帯林の主要構成樹種、コメツガ、アオモリトドマツと混生

する。モミに準ずる軽軟材で、性状も大体モミに似ている。用途は板類・包装・パルプ・家具、建築材、包装材、パルプ材として利用



1.比重 4

2.1%当り収縮率 接線方向 6

半径方向 6

3.全収縮率    接線方向 5

半径方向 5

4.曲げヤング係 6

5.縦圧縮強さ    6

6.縦引張り強さ   4

7.曲げ強さ    5

8.せん断強さ    4

レッドリスト取扱 IUCNレッドリスト1994年版 Ver. 2.3版には「低リスク」  Least Concern (LR/lc)

「軽度懸念」と指定されている。
基準解説   
ワシントン条約
参照・参考先 世界の木材900種(1975)、世界の針葉樹(1987)、AleenCoombesTrees500、Tree of Britain &Northern

Europe(1982)、IUCNレッドリスト(国際自然保護連合1994,2000.)
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後