v1.1

世界の有用木材950種から英名で検索の結果

4272 474
5 マメ科(Fabaceae)
タシロマメ属
 
英名・商業名 Vesi
学名 Intsia bijuga
和名・商業名
別名、現地名 代表和名「イピール」、代表英名「Ipil」。タシロマメ,シロヨナ(日本)、マウンテンアッシュ、マカール(タイ)、マカモン(タイ)、メルパウ(マ

ラヤ,サラワク,ブルネイ,サバ,インドネシア)、Gonuo(ベトナム)、Guazuma、Hintsy(マダガスカル)、Ipil、Ipil

Laut(フィリピン)、Kalabau(中国)、Komu(ニューカレドニア)、Kwila、Kwila(パプア,ニュージーランド,オーストラリア)、Lum-

Paw(タイ)、Merbau、Merbau(インドネシア)、Merbau(マレーシア)、Moluccan Ironwood(英国)、Urawood、Vesi(フィジー)、
主たる分布 インドシナ地域、フィリッピン、ニューギニア(この地区を材質表に掲載 )、オーストラリア、マダガスカル島
樹種解説 樹高50mに達するものもあり、直径200cm、枝下樹高10〜15mに達す。板根は3mに及ぶものがある。分布は:フィリピン、タイ、イン

ドシナ、マレー半島、ニューギニア、カリマンタンなど。マングローブ沼沢地背後の低地林中に生育しており、やや高くてほっそりし

た木で、引締って暗色の樹をしているので容易に見分けることができる。樹種によっては海岸低地から1、000mの山地まで幅広く

生育。辺材は厚さ4〜6cm淡色または淡褐色で、新材の時は黄色味で時日が経るに従い、または外気にさらせば赤褐色に変る心材

とは異る。この材は木理交錯し肌理は適度に細かい。淡い特殊な香気があり、また水に溶ける暗褐色の色素を含んでいる。強くて

堅い材で、梁に使用すればヤカールに匹敵する。乾燥良好、材質細密なため収縮は非常に少なく、硬木の割合に加工困難ではな

い。仕上りは非常に高級である。外気にさらし、または地面に接しても非常に耐久力がある木材で、白ありの害にも非常に抵抗力

がある。用途は家屋建築、家具、仏壇、キャビネット、器具の柄、重構造物、鉄道枕木など。


1.比重 9

2.1%当り収縮率 接線方向 6

半径方向 6

3.全収縮率    接線方向 5

半径方向 5

4.曲げヤング係 9+

5.縦圧縮強さ    10

6.縦引張り強さ        --情報なし--

7.曲げ強さ    9+

8.せん断強さ    9+

レッドリスト取扱 IUCNレッドリスト1994年版 Ver.

2.3版には、絶滅危惧II類、Vulnerable(VU)と指定されている。基準は(A1cd)となっている。
基準解説    ・生息地の面積、分布域の大きさ、あるいは生息地の質の減少で、過去10年間、若しくは3世代のうち、どちらか長い方の期間で、少なくとも20%の

縮小が観察、推定、推論され、あるいは疑われる。

・実際のあるいは潜在的な捕獲のレベルで、過去10年間、若しくは3世代のうち、どちらか長い方の期間で、少なくとも20%の縮小が観察、推定、

推論され、あるいは疑われる。
ワシントン条約
参照・参考先 世界の木材900種(1975)、南洋材の知識(1968)、新輸入原木図鑑(1980)、IUCNレッドリスト(国際自然保護連合1994,2000.)
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後