v1.1

世界の有用木材950種から英名で検索の結果

4460 819
13 アオギリ科(Sterculiaceae)
Tarrietia 属
 
英名・商業名 Yawe
学名 Tarrietia densiflora
和名・商業名
別名、現地名 代表和名「ニャンゴン」、代表英名「Niangon」。キヤラボク、ジャティ、Niangon,Mbrawa(コートジボワール)、Nyankom,Nyangon,Colam

ahogany(市場名)、Nyankom,NyangWen,Attabini(ガーナ)、Ogoue,Rezogoue(ガボン)、Redcedar,Yawe(シエラレオネ)、Teck(フラン

ス)、Wishmore,Wismore,Deorh(リベリア)、
主たる分布 西アフリカ
樹種解説 降雨林地帯での樹種でアジアのメンクランと同属の木材。分布は西アフリカのシエラレオネ、リベリア、コートジボワール、ガーナ、カ

メルーン、ガボンなどに分布。心材と辺材の色の差は明確で、心材は淡桃色〜赤褐色で、辺材は白色である。リップルマークがあり

、肌は粗で、木理は交錯し、リボン杢がはっきりと現われている。放射組織が大きいので、柾目どりした板は、このため特徴的な模

様になる。組織の中にシリカを含んでいるが、切削加工時の刃物にはとくに大きな影響はない。比重の幅は大きい。乾燥には時間

がかかるが、良好に仕上がる。心材はヒラタキクイムシ類の害を受けにくく、耐久性はやや高いい。ある程度の曲げは許容し曲木は

可能。釘打ちは割れることがある。用途は一般建築用材、屋外用材、建具、造船用材、合板用材など。


1.比重 8+

2.1%当り収縮率 接線方向 6

半径方向 6

3.全収縮率    接線方向 5

半径方向 5

4.曲げヤング係 7+

5.縦圧縮強さ    8

6.縦引張り強さ        --情報なし--

7.曲げ強さ    9+

8.せん断強さ    5+

レッドリスト取扱
基準解説   
ワシントン条約
参照・参考先 世界の木材900種(1975)、
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後