v1.1

世界の有用木材950種から英名で検索の結果

4461 860
5 センダン科(Meliaceeae)
Toona属
 
英名・商業名 Ye Tama
学名 Toona sureni
和名・商業名
別名、現地名 代表和名「スリアン(インジネシア)」、代表英名「Surian」。カランタス,Kalantas(フィリピン)、クロベクロビ、ローレル(ビルマ)、Danupra

、Frake、Indian Tulip Tree、Red cedar(ニューギニア)、Ye Tama,surian amba,danupra,surian

wangi,serijan,suren,Surian,Kalantas(サバ)、
主たる分布 インドネシア、マレーシア、ニューギニア(この地区を材質表に掲載 )
樹種解説 辺心材の区別ははっきりとしており、心材は赤褐色〜濃褐色、辺材は淡色で灰色。

やや軽軟な材で、木理は交錯。肌目はやや粗い。加工後は光沢がでて美しい材ではあるが、強度的に弱く、表面に、キズが入りや

すい。生材の時は芳香がある。用途は家具材、内装材、建具、曲げ木、ルーバー、羽目板、合板など。


1.比重 5+

2.1%当り収縮率 接線方向 6

半径方向 6

3.全収縮率    接線方向 5

半径方向 5

4.曲げヤング係 5+

5.縦圧縮強さ    6

6.縦引張り強さ        --情報なし--

7.曲げ強さ    5+

8.せん断強さ    5

レッドリスト取扱
基準解説   
ワシントン条約
参照・参考先 世界の木材900種(1975)、新輸入原木図鑑(1980)
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後