v1.1

世界の有用木材950種から英名で検索の結果

4464 111
1 カバノキ科(Betulaceae)
カバノキ属
 
英名・商業名 Yellow birch
学名 Betula alleghaniensis
和名・商業名 キハダカンバ
別名、現地名 代表和名「キハダカンバ」、代表英名「Yellow

Birch」。アメリアメリカミネバリ、イエロービーチ、カーリーバーチ、カナディアンシルキーバーチ、グレーバーチ、シルバーバーチ、ス

ワンプパーチ、ハードバーチ、ホワイトバーチ、Betulaalleghaniensis、Guatambu moroti(ブラジル,アルゼンチン)、Guatambu

moroti(ブラジル,アルゼンチン)、
主たる分布 北アメリカ東部
樹種解説 落葉樹。樹高は18〜30mで直径は0.75mに達する。大きく広がった樹冠をもつ。カナダのニューファウンドランドから南東部をへて、

米国のメイン州、ジョージア、テネシー州にわたって分布。比較的低い地域にみられる樹種で、1000m以上に分布しているのは、ア

パラチア山脈南部のみです。北米産のカンバ類のなかの代表的な樹種です。日本にも少量だが、輸入されている。心材と辺材の

色の差は、はっきりしていることが多く、辺材は淡黄色、心材は普通、赤褐色だが、樹によって色の違いがかなりあるす。木理は通

直で、肌目は精です。年輪の境には、色の濃い線があって、かなりはっきり見えます。木材は均一で、その性質は日本産のマカン

バやミズメとほとんど同じ。重硬な木材。加工は容易で、材面はよく仕上がる。また、塗装の仕上がりがよく、扱いやすい木材といえ

る。用途は家具、内装用、器具材、ベニヤ材、靴の木型など。


1.比重 7+

2.1%当り収縮率 接線方向 6

半径方向 6

3.全収縮率    接線方向 8

半径方向 8

4.曲げヤング係 8+

5.縦圧縮強さ    8+

6.縦引張り強さ        --情報なし--

7.曲げ強さ    8+

8.せん断強さ    8

レッドリスト取扱
基準解説   
ワシントン条約
参照・参考先 世界の木材900種(1975)、米材樹種ガイド(1994)、AleenCoombesTrees500、Eyewitness Companion Trees(2007)、
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後