v1.1

世界の有用木材950種から英名で検索の結果

4467 583
5 クスノキ科(Lauraceae)
Ocotea属
 
英名・商業名 Yellow demerara
学名 Ocotea rodiaei
和名・商業名
別名、現地名 代表和名「グリーンハート」、代表英名「Greenheart」。プラックスプルース、ロウロメキシコレッド、Bebeere,Bibira,Greenheart,Rora

-ek,Sepira,Tugul,Wainop,Sipiri,Kevatuk(ガイヤナ)、Beeberoe,greenheart,Sipiroe(スリナム)、Greenheart-black,Greenheart-

brawn,Demerara,Yellow demerara(イギリス)、Lano(ベネズエラ)、Oleke、
主たる分布 南米北部
樹種解説 樹高25〜40m、稀に50mに達する大きな常緑樹。ガイヤナのグリーンハートといわれているほど、ガイヤナに多く生育。隣国のスリ

ナムや仏領ギアナ、アマゾン、西インド諸島にも分布している。通直で円筒形の樹幹をもっている。ヨーロツバの運河にある閘門の

骨組みに用いられている。心材は著しく淡色から暗色のオリーブ緑色で、さらにほとんど黒に近くまでなり、黒色の不規則な縞をも

つ。辺材は心材より淡色で、心材との区別ははっきりしない。部分的に色が異なるため、産地では色の違いにより、黒色、褐色、黄

色などの種類に選別することがある。木理は通直または少々交錯、時にうず巻や波状の杢目がある。肌目はやや精、光沢がある。

商業材中最も重い材の1つである。また重さのわりに非常に強い材で、イギリス産のオーク材に比し、50%重いのに衝撃への抵抗

はそれの2倍あるとされている。接地や戸外露出の耐久性は大きい。防腐処理は不必要だが、もし薬剤を注入をしようとしても難しく

、完全に処理出来ない。ただし淡水や塩気のある水でのフナクイムシには侵されるとの報告がある。加工は困難、ねじ釘、木ねじ、

木ビスを使うときは、割裂を避けるためにあらかじめ穴をあけておくことが必要、また作業中出る細かい粉末は作業員にアレルギー

をおこす人がいる。天然乾燥は容易、人工乾燥は注意が必要、乾燥はゆっくりで、径の大きいものは割裂を生ずる。用途は港湾施

設用の埠頭、海水中の構造用、杭、柱材、ドック、水門、造船、橋梁、支柱、棧橋のデッキ、手すり、工場の床、化学工場の大桶、釣

ざお、ラケットや弓などのスポーツ用品に使われる。内装材にはあまり使用されない。


1.比重 9+

2.1%当り収縮率 接線方向 6

半径方向 6

3.全収縮率    接線方向 9

半径方向 9

4.曲げヤング係 10

+

5.縦圧縮強さ    10+

6.縦引張り強さ   5

7.曲げ強さ    10+

8.せん断強さ    8+

レッドリスト取扱
基準解説   
ワシントン条約
参照・参考先 世界の木材900種(1975)、世界木材図鑑(2007)、熱帯産主要木材(1958)、木材活用事典(1994)
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後