v1.1

世界の有用木材950種から英名で検索の結果

4480 625
13 マツ科(Pinaceae)
トウヒ属 針葉樹
 
英名・商業名 Yellow Soruce
学名 Picea sitchensis
和名・商業名
別名、現地名 代表和名「シトカスプルース」、代表英名「Sitka

Spruce」。イエロスプルース、ウエスタンスプルース、ウエストコーストスプルース、コーストスプルース、シトカトウヒ、シルバープルー

ス、タイドランドスプルース、タマラック、ベイトウヒ、メンジーズスプルース、ロッキーカラマツ、Canella、Coast Spruce、Tideland

Spruce、Trysil、Western Spruce、Yellow Soruce、
主たる分布 北アメリカ西部
樹種解説 常緑樹、樹高30〜60m、直径60cm〜2mに達する。大きいものは直径が5メートル。枝は長く横に広がり、葉色は灰色を帯びてい

る。産地はアラスカ南部からカリフォルニア州の北部に至る、かなり寒い地方にまで分布している。寒冷地、痩せ地などの厳しい環

境の素でも早く生育するため、ヨーロッパやアメリカでは多数植林されており、建築材、紙パルプ材などに多く利用されている。商業

名のアラスカ桧という名前がついているが、ヒノキ類ではない。種名のシトカはアラスカにある村の名で、この周辺はスプルース群

生地。北米には数種のトウヒ類があるが、もっとも代表的なものはこれである。

辺材は淡黄色〜白色系クリーム色。心材は淡黄〜淡褐色。早材から晩材への移行は緩かで、年輪は顕著とはいえない。肌目は精

で、木理は一般には通直である。乾燥、加工共しやすく、仕上がり面は滑らかで光沢がある。欠点としては、厳重に保存していても

、空気に触れていると、桃色〜赤褐色に変色する。スプルースの新鮮さが無くなってしまう。音響性能性に優れ、弦楽器の最適材と

して多く使われている。ハープ、グランドピアノ、アコースティック・ギター、バイオリンの饗版に利用。スピーカーボツクスは暖か味が

あり、フラットピッカーに好まれる。用途は飛行機のプロペラ、ボートのマスト、一般建築材料、家具、器具、建具、合板、箱、密封梱包

用の箱、木枠。飛行機への利用としては重さあたりの強度があり、材質が安定していることから1次の世界大戦には主材料として、2

次世界大戦には特殊な木製飛行機として利用された。西海岸の先住民は若い柔軟な根と若い樹の小枝でバスケットや家庭用品を

作る。


1.比重 6

2.1%当り収縮率 接線方向 6

半径方向 6

3.全収縮率    接線方向 5

半径方向 5

4.曲げヤング係 7

5.縦圧縮強さ    7

6.縦引張り強さ   6+

7.曲げ強さ    6+

8.せん断強さ    6+

レッドリスト取扱 IUCNレッドリスト1994年版 Ver. 2.3版には「低リスク」  Least Concern (LR/lc)

「軽度懸念」と指定されている。
基準解説   
ワシントン条約
参照・参考先 世界の木材900種(1975)、米材樹種ガイド(1994)、世界の針葉樹(1987)、Eyewitness Companion Trees(2007)、Tree of Britain

&Northern Europe(1982)、Simon&Schutrer's guide

toTREES(1989)、木材活用事典(1994)、新輸入原木図鑑(1968)、新輸入原木図鑑(1980)、IUCNレッドリスト(国際自然保護連合1994,
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後