v1.1

世界の有用木材950種から英名で検索の結果

4496 153
3 バンレイシ科(Annonaceae)
カナンガ属
 
英名・商業名 Ylang-Ylang
学名 Cananga odorata
和名・商業名
別名、現地名 代表和名「イランイラン」、代表英名「Ilang-ilang」。イランイランノキ、ケドンドン、Beauty Leaf、Ilang-

ilang(マレーシア)、Kananga(インドネシア)、Kradang-ngaa-ai(タイ)、Lan Tay(ベトナム)、Perfume Tree、West Indian

cedar、Ylang-Ylang、
主たる分布 フィリッピン(この地区を材質表に掲載 )、インドネシア、マレーシア
樹種解説 常緑樹、樹高21m。別名「香水の木」と呼ばれる。原産地はマダガスカル。花

を水蒸気蒸留で芳香浴として利用される。1921年シャネルが発表した、シャネルの5番に使われている。木のさまざまな部位がマ

ラリアなどの熱病の治療に伝統的民間薬として利用される。「イランイラン」はタガログ語。ヒマラヤからオーストラリアにかけて広く見

られる。


1.比重 5+

2.1%当り収縮率 接線方向 5

半径方向 5

3.全収縮率    接線方向 1

半径方向 1

4.曲げヤング係 5+

5.縦圧縮強さ    4

6.縦引張り強さ        --情報なし--

7.曲げ強さ    4

8.せん断強さ    4

レッドリスト取扱
基準解説   
ワシントン条約
参照・参考先 世界の木材900種(1975)、What's That Tree(2000)、Eyewitness Companion Trees(2007)、
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後