v1.1

世界の有用木材950種から英名で検索の結果

4511 102
11 カンラン科 (Burseraceae)
Aucoumea属
 
英名・商業名 Zouga
学名 Aucoumea klaineana
和名・商業名
別名、現地名 代表和名「ガボン」、代表英名「Okoumé(フランス)」。オクメ、カブーン、ガボンマホガニー、キングウッド、Angouma(ガボン)、Combo

gala(コンゴ)、Gaboon

wood、Marina、Mofoumou,N’goumi(スペイン領ギニア)、Mumaka(ウガンダ)、n'goumi(赤道ギニア)、Okoumé、Okume、Ongoumi、Zo

uga、
主たる分布 西アフリカ、中部アフリカ
樹種解説 天然分布は非常に限られていて、ガボン、コンゴ、ギニアにのみ見られる。この木は非常に大きな寸法に達し、根元では直径90cm

2.4mになる。アフリカン・マホガニーに非常に似ており、しばしば類似の用途に使用される。通常木理通直、少し模様を現わし、そ

れが四つ割に挽けばわずかに縞を現わす。無臭なので葉巻タバコ箱製造に用いられた時は、シダー製の葉巻タバコ箱と異なるこ

とがすぐにわかる。仕上り良好、つや出しもよく、時々本物のマホガニーに見えるように着色される。乾燥良好だが、少し材質低下す

る傾向がある。材はその重量に対して強いが、強度を主要とするものには、使用されない。腐朽に対しては弱い。加工容易、仕上り

は卓越し、ベニヤは良好、接着にも支障がない。用途は合板製造、ブロックボード、フラッシュドーアーの羽目板、キャビネット製作、

マホガニーの代用など。


1.比重 6

2.1%当り収縮率 接線方向 5

半径方向 5

3.全収縮率    接線方向 5

半径方向 5

4.曲げヤング係 6

5.縦圧縮強さ    6

6.縦引張り強さ        --情報なし--

7.曲げ強さ    7

8.せん断強さ    3

レッドリスト取扱 IUCNレッドリスト1994年版 Ver.

2.3版には、絶滅危惧II類、Vulnerable(VU)と指定されている。基準は(A1cd)となっている。
基準解説    ・生息地の面積、分布域の大きさ、あるいは生息地の質の減少で、過去10年間、若しくは3世代のうち、どちらか長い方の期間で、少なくとも20%の

縮小が観察、推定、推論され、あるいは疑われる。

・実際のあるいは潜在的な捕獲のレベルで、過去10年間、若しくは3世代のうち、どちらか長い方の期間で、少なくとも20%の縮小が観察、推定、

推論され、あるいは疑われる。
ワシントン条約
参照・参考先 世界の木材900種(1975)、熱帯産主要木材(1958)、世界木材図鑑(2007)、IUCNレッドリスト(国際自然保護連合1994,2000.)
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後