v1.1

世界の有用木材950種から学名で検索の結果

112 012 1 マツ科(Pinaceae) モミ属 針葉樹
学名 Abies sachalinensis
和名・商業名 トドマツ
英名・商業名 Pihuta
別名、現地 代表和名「トドマツ」、代表英名「Pihuta」。アカトド、アカトドマツ、アカドマツ、セイヨウカジカエデ、Fir wood、Great

Maple、Pikhta(ロシア)、Sakhalin fir、Todofir、
主たる分布 日本(この地区を材質表に掲載 )、シベリア
樹種解説 ロシアから輸入されている木材のなかにも含まれている。北海道では、本州などのスギ・ヒノキと同様に、エゾマツとともにエゾ・トドと
呼ばれて代表的な木材。樹高25m・胸高直径50cm。幹は直立し、樹冠は卵状の円錐形で先が尖っている。葉は線形。樹皮は淡

褐灰・灰白色。種々の斑紋がある、やや平滑。年輪ははっきりとしている。心辺材の区別はなく、白色〜黄白色である。肌目は粗で

、木理は通直。やや軽軟である。比較的欠点が出やすく、入皮・脂つぼ・大きい生節・目廻り・あて・水喰いなどのキズがあらわれる。

保存性は低いが、土木用に用いた場合には、エゾマツよりも腐りにくいといわれている。切削加工は容易で、表面の仕上がりは普

通である。乾燥は容易である。用途は建築、土台・杭木・小割・板類・包装。蒲鉾の板、土木、パルプ材、包装、電柱、抗木など、主

に北海道で用いられている。エゾマツとともに住宅の柱や板に使われている。淡色で、軽軟なことを利用する用途が多い。果実を食

用、枝葉を水蒸気蒸留をして、アビエス油を採っていた。浴用剤、石鹸の付香に使われていた。


1.比重 15+

2.1%当り収縮率 接線方向 16

半径方向 16

3.全収縮率 接線方向 14

半径方向 14

4.曲げヤング係 16

5.縦圧縮強さ 17

6.縦引張り強さ 16+

7.曲げ強さ 16+

8.せん断強さ 15+

レッドリスト取扱 IUCNレッドリスト1994年版 Ver. 2.3版には「低リスク」  Least Concern (LR/lc)

「軽度懸念」と指定されている。
基準解説
ワシントン条約
参照・参考 世界の木材900種(1975)、Tree of Britain &Northern Europe(1982)、Simon&Schutrer's guide

toTREES(1989)、世界の針葉樹(1987)、新輸入原木図鑑(1980)、IUCNレッドリスト(国際自然保護連合1994,2000.)
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後