v1.1

世界の有用木材950種から学名で検索の結果

133 031 1 アカネ科(Rubiaceae ) タニワタリノキ属
学名 Adina codifolia
和名・商業名 ハルズ
英名・商業名 Haldu
別名、現地 代表和名「ハルズ」、代表英名「Haldu」。アカシアメラノキシロン、ハルジュ、gidya.、Hnaw(ミヤンマー)、kan-

luang(タイ)、kwao、kwow、
主たる分布 インド、インドシナ地域、インドネシア、マレーシア(この地区を材質表に掲載 )
樹種解説 日本ではツノギ(牛角木)として知られている。樹高70〜100フィート、樹周12〜14フィート。インド、ビルマ、およびタイの混交落葉樹
林中に散生している。幹は長く、通直で縦溝あり、いくらか根張りがある。辺材は帯黄白色で、新材の時はクリーム黄色で、外気にさ

らせば暗色になる心材とは、明らかな限界がない。木理通直が多いが、時々交錯木理が見られる。材は肌理細かくて均一、適度に

堅くて重い。乾燥に注意を要し、細い毛割や木口割れが生じ易い。屋外での適度の耐久力がある。この材は工具で鋸挽、加工共

に容易。すぐれた旋盤加工材でつや出しも良い。着色均一にできるが、交錯木理を現わした材は鉋削り困難を生ずる。非常に細密

で、平滑仕上げとなる。用途はインドでは、指物細工、旋盤細工、ボビン、家具および装飾用羽目板に、ビルマでは彫刻、刷毛木地

、また柔らかくして鉛筆材に、英国では、床張りに利用、店内造作、内部指物細工、黒壇模擬材に使われる。インドでは定規および

他の数学機械に用いられている。インド、タイ、ビルマでは、かなり豊富にある。


1.比重 18

2.1%当り収縮率 接線方向 15

半径方向 15

3.全収縮率 接線方向 14

半径方向 14

4.曲げヤング係 16+

5.縦圧縮強さ 18

6.縦引張り強さ 1−      --情報なし--

7.曲げ強さ 17+

8.せん断強さ 16+

レッドリスト取扱
基準解説
ワシントン条約
参照・参考 世界の木材900種(1975)、熱帯産主要木材(1958)
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後