v1.1

世界の有用木材950種から学名で検索の結果

138 036 1 マメ科(Fabaceae) Afzelia属
学名 Afzelia africana
和名・商業名 アフゼリア
英名・商業名 Afzelia
別名、現地 代表和名「アフゼリア」、代表英名「Afzelia」。板屋楓アパ、アフゼリア、アメリカオオモミ、ドイツ)、ドウシイ、ドゥシェ、ポットマホガニー

、マホガニービーン、Afzelia(英国、Aligna(ナイジェリア)、Apa、Azodau(コートジュボワール)、Chafuta(ポルトガル)、Chanfuta(モザン

ピーク)、Doussie(カメルーン)、Kpendei(シェラレオネ)、lingua(セネガル)、Lingue、M’Banga、Mbembakofi(タンザニア)、Mkora、Mus

sacossa、N’Kokongo,Bolengu(コンゴ)、Papao(ガーナ)、Uvala(アンゴラ)、
主たる分布 西アフリカ、中部アフリカ、
樹種解説 西はシエラレオネから東はスーダン、南はローデシアやモザンビークにかけて分布特徴ある木材で、色は鮮やかなマホガニーレッ
ド、肌目はかなり粗である。木理は最高級の木材では通直だが、不規則なこともある。乾燥は遅いが、ほとんど収縮せず、一度乾燥

すれば安全性はチークより優る。しかし木材の中にチョーク状の沈着物があると、刃物を鈍らせてしまう。辺材は淡いわら色、明褐

色の心材とは判然と区別され、心材は外気にさらせば暗赤褐色になる。斑色および他の杢は時々現われる。製材や加工は刃物を

早く鈍らせ、交錯木理がはげたりすることもあり、困難である。曲木が出来る。接着は容易ではない。心材は耐久性があり、白蟻に対

しても抵抗性がある。心材への保存薬剤の注入は難しい。辺材はヒラタキクイムシ類に対して抵抗性がない。用途は重構造用、特

にドック工事、橋梁建設およびフローリング。屋外用の建具(ドア、窓枠など)、床板、重構造物(海水中で用いられるもの、桟橋、ドッ

クなど)、家具、液糟)などへの利用がある。高級材で、見栄えのよさと維持の容易さとが要求される建具類、すなわち豪奢な建物の

窓枠、ドアやドア回りに用いられる。ベンチやカウンターの天板にもよく、高級床板にもなる。化学工場では化学薬品用の液槽(酸

にたいして強いとされている)やプレスに用いられている。


1.比重 18+

2.1%当り収縮率 接線方向 14

半径方向 14

3.全収縮率 接線方向 14

半径方向 14

4.曲げヤング係 16+

5.縦圧縮強さ 19

6.縦引張り強さ 1−      --情報なし--

7.曲げ強さ 18+

8.せん断強さ 15+

レッドリスト取扱 IUCNレッドリスト1994年版 Ver.

2.3版には、絶滅危惧II類、Vulnerable(VU)と指定されている。基準は(A1d)となっている。
基準解説 ・実際のあるいは潜在的な捕獲のレベルで、過去10年間、若しくは3世代のうち、どちらか長い方の期間で、少なくとも20%の縮小が観察、推定、

推論され、あるいは疑われる。
ワシントン条約
参照・参考 世界の木材900種(1975)、世界木材図鑑(2007)、IUCNレッドリスト(国際自然保護連合1994,2000.)
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後