v1.1

世界の有用木材950種から学名で検索の結果

160 057 1 キョウチクトウ科(Apocynaceae) Alstonia属
学名 Alstonia angustiloba
和名・商業名 プライ
英名・商業名 Pulai
別名、現地 代表和名「プライ」、代表英名「Pulai」。アルストニア、ウエスタンオルダー、ホワイトチーズウッド、Alstonia,Milky

Pine,ミルキーパイン(ニューギニア)、Kali(アンゴラ)、Pulai bukit、Pulai paya、
主たる分布 フィリッピン、インドネシア、マレーシア(この地区を材質表に掲載 )
樹種解説 Pulai payaは海岸地方の泥炭沼沢地を好み、反対にPulai
bukitは沼沢地には見られない。2種は共に大きな木にたっし、材は白色、柔かで非常に軽く、気乾材1立方メートルの重量は350〜5

00kg。またやや軽くて粗く、軟組織帯がやや広く占めており、特に多くの関係がジェルトン材に密接に似ている。用途は良荷造材と

なり、またジェルトンに類似の用途に使用される。


1.比重 15

2.1%当り収縮率 接線方向 13

半径方向 13

3.全収縮率 接線方向 13

半径方向 13

4.曲げヤング係 15

5.縦圧縮強さ 12

6.縦引張り強さ 1−      --情報なし--

7.曲げ強さ 12

8.せん断強さ 11

レッドリスト取扱
基準解説
ワシントン条約
参照・参考 世界の木材900種(1975)、南洋材の知識(1968)、新輸入原木図鑑(1980)
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後