v1.1

世界の有用木材950種から学名で検索の結果

164 061 1 キョウチクトウ科(Apocynaceae) Alstonia属
学名 Alstonia scholaris
和名・商業名 プライ
英名・商業名 White cheesewood
別名、現地 代表和名「プライ」、代表英名「White

Cheeswood」。アルストニア、コモンオルダー、ホワイトチーズウッド、ミルキーパイン、Blackboard Tree、Blackboard

Tree(英国)、Chafuta(ポルトガル)、Chatian(パキスタン,インド)、Devil Tree、Dita(フィリピン)、Faux peuplier、Milkwood

Pine(英国)、Milky Pine、phayaa-sattaban(タイ)、Popel khe(カンボディア)、pulai(インドネシア)、pulai(マレーシア)、Scholar

Tree、Shaitan(ミヤンマー)、sua,Mo Cua(ベトナム)、Thia(タイ)、White Cheeswood(英国)、
主たる分布 インド、インドシナ地域、インドネシア、マレーシア、ニューギニア(この地区を材質表に掲載 )
樹種解説 幹に傷をつけると、白いミルクのような液がしみ出てくる。このためミルキーバインと呼ぶことがある。しかしこジエルトンのようにチュ
ーインガムの材料になるわけではない。分布は熱帯アジア、ニューギニア、オーストラリア、ソロモン群島、フイージーなど。心材と辺

材の色の差はほとんどなく、木材の色は黄白色であるが、時々やや桃色を帯びたものがある。木理は通直で、肌目はやや粗である

。放射組織のなかに放射乳菅を持つ。軽軟で軽い。切削などの加工はしやすい。ジエルトン同様乳跡があり、それが乾燥すると、

抜けて、板目面でレンズ状の孔となって現れる。このため、表面に出るような用途には使われることはない。またブルースティンの害

を受けやすく、乾燥は十分留意する必要がある。保存性は悪い。用途は各種芯材、箱、彫刻、家具、ハイヒールの踵、天井の裏桟、

建具、引き出しの側板、マッチ軸木と箱、模型、絶縁用など。


1.比重 15+

2.1%当り収縮率 接線方向 14

半径方向 14

3.全収縮率 接線方向 14

半径方向 14

4.曲げヤング係 16+

5.縦圧縮強さ 15+

6.縦引張り強さ 1−      --情報なし--

7.曲げ強さ 15+

8.せん断強さ 14

レッドリスト取扱 IUCNレッドリスト1994年版 Ver. 2.3版には「低リスク」  Least Concern (LR/lc)

「軽度懸念」と指定されている。
基準解説
ワシントン条約
参照・参考 世界の木材900種(1975)、A field Guide to Australian Trees(1926)、What's That Tree(2000)、Plants of Tropical North

Queensland(2006)、新輸入原木図鑑(1980)、IUCNレッドリスト(国際自然保護連合1994,2000.)
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後