v1.1

世界の有用木材950種から学名で検索の結果

167 064 1 マンサク科(Hamamelidaceae) Alstonia属
学名 Altingia excelsa
和名・商業名 ラサマラ
英名・商業名 Rasamala
別名、現地 --情報収集中--
主たる分布 インド、インドシナ地域、インドネシア、マレーシア(この地区を材質表に掲載 )
樹種解説 樹高50m。標高千m前後で一番の優占種である。同じマンサク科のフウに似た球形の集合果を作り、その中には小さな種子が多数
入っている。同じマンサク科のイスノキに似て材質は堅く、ゆっくりと成長する木。


1.比重 18+

2.1%当り収縮率 接線方向 18

半径方向 18

3.全収縮率 接線方向 16

半径方向 16

4.曲げヤング係 1−      --情報なし--

5.縦圧縮強さ 19

6.縦引張り強さ 1−      --情報なし--

7.曲げ強さ 18+

8.せん断強さ 14

レッドリスト取扱
基準解説
ワシントン条約
参照・参考 世界の木材900種(1975)、
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後