v1.1

世界の有用木材950種から学名で検索の結果

172 069 1 アカテツ科(Sapotaceae) Aningeria属
学名 Aningeria robusta
和名・商業名 アニグレ
英名・商業名 Angeria
別名、現地 代表和名「アニグレ」、代表英名「Angeria」。アニングレ、コモンオルダー、シルバーハート、ロンギ、Abam、Anegre、Anieger(コート

ジボワール)、Aningeria(英国)、Aningre-Tanganyika Nuss(ドイツ)、Aningueri

blanc、Chafuta(ポルトガル)、Kali(アンゴラ)、Kararo(エチオピア)、LandosanAmingeria、M’Boul(Central

African Republic)、Mukali、Mukali、Mukangu(Kenta)Landojan(ナイジェリア)、Muna、Osan(ウガンダ)、Tanganyika

Nuss(イタリア)、Tutu,N’Kali(コンゴ)、
主たる分布 西アフリカ
樹種解説 径は80cm。木理は精。木理が均一で交錯していない。比重のわりに曲げに強く、粘りがある。乾燥を早くしないと、青カビが入りや
すい。切削表面が粗い、木材自体の耐久性小、合成樹脂浸透、ペインティング良好。色合いが明るくソフトな雰囲気の材で、近年、

ヨーロッパ・日本で人気の材だが、強度を必要とする用途には向かない。用途はキャビネット用合板、建具など。切出し直後の丸太1

m3あたりの重量850 〜 950kg。


1.比重 17

2.1%当り収縮率 接線方向 15

半径方向 15

3.全収縮率 接線方向 15

半径方向 15

4.曲げヤング係 1−      --情報なし--

5.縦圧縮強さ 19

6.縦引張り強さ 14

7.曲げ強さ 18

8.せん断強さ 15+

レッドリスト取扱
基準解説
ワシントン条約
参照・参考 世界の木材900種(1975)、
世界の有用樹種7800種TOPに戻る  世界の有用樹種7800種フレームTOPに戻る  先頭 前ページ 次ページ 最後