v1.1

世界の有用木材950種から学名で検索の結果

1914 871 1 ニレ科(Ulmaceae)
ニレ属
学名 Ulmus americana
和名・商業名 アメリカンエレム
英名・商業名 American eIm
別名、現地 代表和名「アメリカンエレム」、代表英名「American

eIm」。ウォーターエルム、グレイエルム、グレーエルム、スワンエルム、スワンプエルム、ソフトエルム、ニレ、パシフィックレッドシーダ

ー、ホワイトエルム、Apaya(ナイジェリア)、Water elm、White elm、
主たる分布 北アメリカ東部
樹種解説 落葉樹。樹高30-
36m、直径1m。日本のハルニレより灰色を帯びた暗褐色。産地はカナダ、米国。米国で主産地は、五大潮地方、中央および南部の

諸州である。通常、より軽軟なもの(ソフトエルム)と重硬なもの(ハードエルム)の2つのグルーフに分けられている。現在北米では、

ニレ類は立枯病によって、急激に蓄積が減少しており、木材の供給は脅かされている。心材と辺材の色の差は明らかで、前者は淡

褐色で、時に赤色を帯びることがあり、後者は白色である。環孔材のため、年輪は明らかである。肌目は樹種によりやや精から粗ま

であり、木理は通直か、時には交錯する。やや硬い。粘りがあり、衝撃に対する吸収力もある。耐朽性は木材によって変動がある。

加工も樹種により加工しやすいから、ややし難いまである。乾燥を十分にしないと狂いやすい。ハルニレの代用として最近出回って

いる。用途は家具、特にに曲木家具:椅子の骨組みなど、農耕用の資材、桶あるいは楕。箱、包装、コンテナ、パネルの化粧単板な

どが知られている。


1.比重 16+

2.1%当り収縮率 接線方向 16

半径方向 16

3.全収縮率 接線方向 15

半径方向 15

4.曲げヤング係 16+

5.縦圧縮強さ 16+

6.縦引張り強さ 1−      --情報なし--

7.曲げ強さ 17

8.せん断強さ 17

レッドリスト取扱
基準解説
ワシントン条約
参照・参考 世界の木材900種(1975)、米材樹種ガイド(1994)、木材活用事典(1994)、Eyewitness Companion

Trees(2007)、世界木材図鑑(2007)、
> <