.

世界の有用木材950種から学名で検索の結果

1919 875 1 ニレ科(Ulmaceae)
ニレ属
学名 Ulmus glabra
和名・商業名 ウィッチエルム
英名・商業名 Wych elm
別名、現地 代表和名「ウィッチエルム」、代表英名「Wych

elm」。オウシュウハルニレ、スコッチエルム、スワンエルム、セイヨウハルニレ、ホワイトウルム、マウンテンエルム、Cevennes

Elm、White elm、
主たる分布 ヨーロッパ
樹種解説 落葉高木。樹高40m、樹齢は500年。短い幹と大きく広がる樹冠をもつ。材は強く柔軟で青白い褐色の木。水に触れている時の腐れ
に強く、送水管および水槽を作るために使用された。また牛小屋の柵、車輪のハブ、棺および家具など。現在でも水際の防波堤や

港の工事に用いる。


1.比重 17+

2.1%当り収縮率 接線方向 1−      --情報なし--

半径方向 1−      --情報なし--

3.全収縮率 接線方向 1−      --情報なし--

半径方向 1−      --情報なし--

4.曲げヤング係 17

5.縦圧縮強さ 18

6.縦引張り強さ 1−      --情報なし--

7.曲げ強さ 18

8.せん断強さ 18

レッドリスト取扱
基準解説
ワシントン条約
参照・参考 世界の木材900種(1975)、Eyewitness Companion Trees(2007)、世界木材図鑑(2007)、
> <