v1.1

世界の有用木材950種から学名で検索の結果

1926 882 1 フタバガキ科(Dipterocarpaceae)
Vatica属
学名 Vatica spp.
和名・商業名 レサク
英名・商業名 Resak
別名、現地 代表和名「レサク」、代表英名「Resak」。ホワイトウルム、Aboh、Burmise Rosewood、Cengal、Chramas、Damar Rasak、Gisok

Gunung、Kadamu、Keresek、Kiam、Marig、Narig、Pan-Thya、Puncham、Rahuk Tebung、Rasak、Rasak Bukit、Rasak Kunyit、Resak

Bunga、Resak Lingga、Resak Paya、Resak Rawang、Resek、Sering-Sering、Serusup、Sigam、Songa、Tay、Vatica、
主たる分布 インドネシア、マレーシア
樹種解説 やや小木から適度な大きさまであり、根張りはないか弱い。材は堅くて重いものから非常に重いものまであり、普通木理通直、また
はわずかに交錯し、肌理細かくて均一。辺材は帯紅の陰色をもち、心材は褐色で長く外気にさらせば非常に暗色になり、またはほ

とんど黒色になる。この材の中に珪土を含有しているので鋸挽きが困難になる。しかしそのため海中木食虫に対し抵抗力をもち、

塩水用杭に利用できる。分布はニューギニアからセイロンおよび南インド。、カリマンタン、マレーシア、スマトラなど。乾燥は種類に

よって非常に大きく異り、また材は干割れを生じやすい。地方的な用途として、丸柱に使用され、またほとんどの型の重構造用に適

している。


1.比重 18

2.1%当り収縮率 接線方向 15

半径方向 15

3.全収縮率 接線方向 14

半径方向 14

4.曲げヤング係 18+

5.縦圧縮強さ 19+

6.縦引張り強さ 18+

7.曲げ強さ 19

8.せん断強さ 19

レッドリスト取扱
基準解説
ワシントン条約
参照・参考 世界の木材900種(1975)、南洋材の知識(1968)、新輸入原木図鑑(1980)
> <